一人暮らしの実母とのランチは聞き役に徹するべし

父が亡くなってから、母は実家で一人暮らしをしています。
「淋しいだろう」と思い何度か「一緒に住もうか?」と声をかけましたが、元気なうちは一人が気楽でよいとのことでした。
確かに私のほうも、子供と夫の世話でいっぱいいっぱいなので、年老いた母の世話をする余裕もないのが正直なところです。
私も家事や育児、仕事に忙しいので、なかなか会いに行くこともできないのですが、月に、何回か一人暮らしの母の話し相手となるべく二人でランチをすることにしています。
何気ない日常の出来事や友達と会った話など、止まることなくどんどん話していく母の姿を見て「まだまだ元気だな」と感じながら聞いています。
一通り、話終わるとすっきりした様子でランチを食べだします。
毎回、母の話し相手代なのかわかりませんが、ランチのお金は母が支払ってくれます。
40歳を過ぎた私でも母にとってはまだまだ娘なのでしょう。
そんな、母の気持ちを察して毎回おごってもらいます。酵素ダイエット ランキング