伝達ツールが、違うということを知りました

手紙を出すのみ、一苦労なのです。もちろん、一般的な、手紙は出せるのです。ところが、手紙の出し方が、たくさんありますよね。例えば、返信用封筒を入れてという、それも、自分でその手紙一式を調達して作るというようなことです。もちろん、誰でもできないのですが、そのできないという年齢が高いのです。自分が中学生で経験したことが、もっと、大きくならないと体験しないというか、体験しないで大人になる人もいるのではないでしょうか。そこで、なるほど。手紙を出さないのであれば、わからなくても仕方がないなあと思ったのです。
つまりは、生き方が違っているということです。昭和の子供は、はがきも手紙も、伝達のツールとして使っているので、その内容を理解した。ところが、現代の子供は、情報伝達のツールに手紙という選択肢はないということです。
そこで、ドラエモンの未来の子供だなあと思ったのです。未来というと、どこでもドア、タイムマシーンではないのです。顔脱毛アリシアクリニック