まだ五月なのにまるで真夏のような暑さになった日曜

今日は今年初めてのバーベキューを友達家族と。
けっこう前から計画していたのだが、こんなに天気がいいとは、まさしく日ごろのおこないだね。
天気が良すぎて暑すぎるくらい。バーベキューで炭もおこしているから、火の番兵役はとても辛いものになった。
おまけに車の運転があるから、ノンアルコールビールだし。
でもやっぱり外でご飯を食べるのはとてもおいしい。今年はいろんなアウトドアグッズを揃えたいけど、
一番はクーラーボックスだね。子供も大きくなり、今までのものでは食材は入りきらなくなってしまった。
今日行ったところは初めてだったので勝手がわからなかったけど、かなり設備も充実していた。
人気になると混むので場所は言わないけどね。
バーベキュー広場には珍しく、ゴミ箱も設置されている。なんと生ごみでさえ捨てて帰れるという、
非常に珍しい場所だった。帰りの荷物が少なくなるのはいいね。広場の人には大変申し訳ないのだけど・・。
気温も30度まで上がり、日陰にいるのにとても暑い。でも子供たちはよく食べよく遊び、大満足の一日でした。
また来週も出かけよう!アリシアクリニック 予約

同じ年なのに赤ちゃんの育児の違いに驚きました。

 友人と同じ年に赤ちゃんを産みました。偶然ですが、友人の子供と同じ年に子供ができるなんてとてもうれしく思いました。友人とはたまにお互いの家を行き来して遊ぶのですが、当然話題は育児の話がメインになりました。
 私も友人も母乳育児なのですが、お互い赤ちゃんを産んだ病院が違います。なので同じ母乳育児でも病院の方針で指導の仕方が違い、驚きました。私の行っていた病院は「母乳でも授乳は2、3時間間隔をあけましょう。そうすると、夜中も起きないので、育児が楽ですよ。」入院中からスパルタ指導でこの通りにしてきたのですが、友人が行っていた病院は「母乳は欲しがるだけあげてね。夜中も起きなかったら、起こして授乳してあげて。」と、お互いの育児の違いに驚きました。ちなみにどちらの病院も母乳育児に熱心な病院です。全然育児の方法が違いますが、どちらの子供もとても健康ですくすく育っています。あんまり堅苦しく考えなくても子供は育つんだなぁ。とのんきに思いました。銀座カラー 予約

自販機で売っているイチゴをかってきました。

私の家からちょっと離れたところにいちご農園が経営しているイチゴの自動販売機があるのです。
その農園は地元では結構有名なところで、いいいちごを作っている農園でありますが、私はそこで一度も勝ったことはありませんのでした。
ただ、ちょっと近くまで寄ってきましたので、ちょうどいいと思い寄ってみました。

自販機を見たのですが、ちょっとイチゴの収穫時期から離れていることと、いい農園ですので自販機の中にはあまりイチゴはありませんでした。
ただ、ちょっと傷はあるものですが残っているものがありましたので、ちょうどジャムでも作ろうかなという感じで2パック800円のものを購入しました。

購入して、傷んでいる部分だけ取り除いてレシピ通りにジャムを作ってみて早速食べてみました。
砂糖は少なめに入れておいたのでありますが、今まで食べたジャムよりもかなり甘味もすっきりした感じでいい味が出ていました。
さすが傷んでいてもいい農園のいちごだったのですごくうれしかったです。
できれば今度はいい時期のいいものを食べたいです。アリシアクリニック キャンペーン 予約

上の子を子育てしながらの二人目の妊娠発覚!

もうすぐ上の子が1歳半になるのですが、最近二人目の妊娠がわかりました。わたしは悪阻が酷い方なのか、上の子の時と同様に毎日気分が悪く、歯磨きをするだけで吐き気。食欲もあまりないですし、匂いも敏感になり、上の子のオムツをかえるだけで毎日えずいてます。
さらに上の子はやんちゃさかりであっちこっち走り回ったり、いろんな物に興味津々と手のかかる時期で…元から我の強い性格とは思ってましたが、わたしがしんどくて横になっていたりするのを見てなのかわかりませんが、何かしら感じとってるのか最近凄くワガママです。
自分が経験して世間のママ達で二人、三人と出産し子育てしてる人は本当に大変だなぁと改めて感じました。生まれてからも大変ですが、生まれる前もお腹が大きいのに上の子を連れて公園に遊びに来ている人を見ると凄いなぁーって尊敬するようになりました。
自分も頑張らないとと思う反面、自分に出来るのかなという不安もありますが、無理しない程度に頑張りたいです!キレイモ 33箇所

海の宝石・タカラガイを求めて海岸へ!打ち上げ貝拾い

 タカラガイという種類の貝がいることをご存知でしょうか。
おそらくあまり耳にしたことがないという人がほとんどでしょう。
巻き貝の仲間で、背中がドーム状に膨れていてお腹は扁平な形、そして陶器のようななめらかな光沢をまとった綺麗な貝です。
背中の模様は種類によって異なり、その鮮やかなな色彩、繊細な模様に熱狂的なコレクターが多いのです。
大昔から装飾品や貨幣として扱われており、「貝」の字はタカラガイをモデルに生まれた象形文字だそうです。
 この貝は黒潮の温かい海域を生息地としているため、日本では主に太平洋に面した海岸で拾うことができます。
ただ、一年中いつでもというわけにはいかず、主に秋から春にかけての寒い時期に綺麗な状態のものを拾うことができます。
そして太平洋側といってもタカラガイの打ち上がるポイントに行かないと、なかなか見つけられません。
インターネットで調べて行くのも良いですが、もし時間があるなら海岸線をのんびり散策してみるのも面白いかもしれません。
以外と海水浴場でも打ち上げられていたりします。誰にも見つかっていないポイントはまさに宝の山で、思わず童心に帰ってしまうくらい魅力的です。
 少し前までとても高価な値で取引されていた希少な種類のタカラガイも、最近では安価で買えるようになりました。
でも、自分の足で探し当てたタカラガイの方が何倍も価値があると思います。一度見つけたらその魅力に気づくでしょう。
冬の海岸はあまり人気がありませんが、お時間があれば是非タカラガイ拾いにでかけてみてください。銀座カラー 予約

スライサーの正解がわからない!

キュウリとかを薄切りにするときに使うスライサー。人生で一度も使ったことがありませんでした。包丁で薄く切ればいいじゃない?と思っていたので。
でも、薄切りってやっぱり面倒だなあ、スライサーって百均でも売ってるみたいだし、一度使ってみようと思い立ち、百均で購入してきました。人生初スライサーです。王道のキュウリでやってみましたよ。
ところが、どういうわけか全くスライスできないんです。裏表を間違ってたかな?いえいえ間違ってません。カッターの刃にキュウリが当たるようにして、シャッシャッと……やっぱりできません!
旦那が出てきて「できないわけないだろ」とやってみましたが同じくできません。(旦那も人生初スライサー)
これはスライサーがおかしいのか、それとも私と旦那の使い方がおかしいのか。
問題は、2人とも今までスライサーを使ったことがないためスライサーの正解(?)がわからないということです。
「まあ百均の製品だからかな…」と、とりあえずスライサーに原因を押しつけましたが、本当のところどうなのか、今度百均製品じゃないスライサーを買って正解を確かめようと思います。アリシアクリニック